8月の解説

 プロ野球は新型コロナの影響を受けながらも、後半戦へ折り返しました。セ・リーグは主砲村上選手の活躍などもあってヤクルトが独走状態ですが、Aクラス入り争いは熾烈です。またパ・リーグは最下位日本ハムは水をあけられているものの、現在の首位西武から5位ロッテまで優勝圏内です。選手の疲労が出てくるこの8月がまさに正念場、優勝争いのポイントになるのではないでしょうか。8月の解説は以下の通りです。
8月12日 DeNAVSヤクルト(BSTBS)
8月26日 巨人VS広島(ニッポン放送)

7月の解説

 プロ野球は正念場の夏場を迎えます。今年は例年より梅雨明けが早く、6月下旬から猛暑が続き、選手のコンディション管理も難しくなっています。7月24日の前半戦終了までにいかに貯金を増やすか、借金を減らすか。セ・リーグは首位ヤクルトが独走状態ですが、待ったをかけるチームが出てくるのか。パ・リーグは優勝争い、Aクラス争いが熾烈で、実力も拮抗しています。この夏場に故障者を出さずに戦えるかも大きなポイントになります。7月の解説予定は以下の通りです。
7月5日 DeNAVS中日(BSTBS)
7月8日 巨人VSDeNA(ニッポン放送)
7月15日 DeNAVSヤクルト(BSTBS)
7月29日 DeNAVS巨人(BSTBS)

6月の解説

 プロ野球はセ・パ交流戦が終了し、ヤクルトが14勝4敗で優勝しました。2位の阪神に2ゲーム差をつける強さで、他チームを圧倒した印象です。特に最後のソフトバンクとの3連戦では3連勝し、有終の美を飾りました。これからペナントレースへ戻りますが、セでは首位ヤクルトが2位巨人に7ゲーム差つけて独走状態。パは首位の楽天から4位オリックスまで7・5差と、まだまだ混戦は続きそうです。6月の解説予定は以下の通りです。
6月1日 DeNAVSオリックス(BSTBS)
6月25日 DeNAVS広島(BSTBS)
6月28日 DeNAVS阪神(BSTBS) 

5月の解説

 プロ野球は開幕してから30試合を消化し、スタートダッシュに成功したチームと出遅れたチームの差が出てきました。ただこの5月は24日から交流戦がスタートします。現在、上位のチームは引き離す機会となり、逆に出遅れたチームは巻き返すチャンスで、ペナントレースのキーポイントとなるのがセパ交流戦です。5月の解説は以下の通りです。
5月5日 DeNAVS中日(TBS)
5月26日 巨人VSオリックス(ニッポン放送)

4月の解説

 プロ野球が開幕し、セ・リーグでは巨人、パ・リーグはソフトバンクがスタートダッシュに成功しましたが、阪神、日本ハムが出遅れたほかは接戦の状況です。新型コロナの影響で試合が中止になるケースもありましたが、今季のペナントレースも盛り上がっています。まだまだスタートの段階ですが、熱い戦いに期待です。4月の解説は以下の通りです。
4月12日 巨人VSDeNA(ニッポン放送)
4月13日 巨人VSDeNA(ニッポン放送)
4月20日 DeNAVS阪神(TBS)
4月23日 中日VS巨人(TBS)
4月27日 DeNAVS巨人(ニッポン放送)

11月の解説

 プロ野球は11月6日( 土 )からセ・パのクライマックスシリーズが開幕します。セは2位阪神VS3位巨人、パは2位ロッテVS3位楽天が対決します。10日からはその勝者とセはヤクルト、パはオリックスが日本シリーズ進出をかけて激突します。今季のペナントレースはセパともに大接戦でしたが、このクライマックスシリーズも紙一重の戦いが続きます。11月の解説は以下の通りです。

11月10日 クライマックスシリーズファイナル第1戦(ニッポン放送)

10月の解説

 プロ野球はペナントレースの佳境を迎えました。セ・リーグは首位ヤクルトと2位阪神のマッチレースの様相。3位巨人はヤクルトに痛恨の3連敗を喫し、大差で圏外の展開です。パ・リーグも優勝争いは熾烈で、首位オリックスと2位ロッテが僅差で追走し、マッチレースの展開です。この10月、優勝を飾るのはどのチームか。注目の戦いが続きます。10月の解説は以下の通りです。

10月1日 巨人VSDeNA(ニッポン放送)
10月5日 DeNAVS阪神(BS)
10月8日 DeNAVS中日(CS)

9月の解説

 プロ野球はいよいよペナントレースの正念場を迎えました。セ・リーグ、パ・リーグともに優勝争いは混戦で、この9月の成績が大きく左右しそうです。セは巨人、阪神、ヤクルトのAクラス、パはオリックス、ロッテ、楽天、ソフトバンクの4チームまで優勝の可能性がありそうです。9月の解説は以下の通りです。

9月8日 DeNAVS巨人(BS)
9月9日 DeNAVS巨人(ニッポン放送)
9月22日 DeNAVSヤクルト(CS)

8月の解説

プロ野球はオールスター、東京五輪ブレークを挟んで、いよいよ8月13日にペナントレースが再開します。東京五輪では侍ジャパンが金メダルを獲得し、新型コロナウイルスの影響があるとはいえ、真夏の戦いに盛り上がるはずです。混戦のパ・リーグ、セは阪神、巨人のマッチレースの展開ですが、五輪で活躍した選手らが躍動するでしょう。優勝を左右する大事な戦いに注目です。8月の解説は以下の通りです。

8月17日 DeNAVS阪神(BS)
8月29日 中日VS巨人(TBS)

7月の解説

 プロ野球はオールスター、東京五輪前の大事な時期に来ました。まだまだ新型コロナウイルスの影響で、観客動員には制限がありますが、球宴、五輪で日程が飛び飛びになるため、選手の調整も難しく、場合によっては順位が激しく変動する可能性があります。そういう意味では大事な試合が続きます。7月の解説は以下の通りです。

7月1日 巨人VS広島(ニッポン放送)
7月3日 DeNAVS巨人(BS)
7月27日 東京オリンピック特番(ニッポン放送)