愛馬が母と同じGⅠの舞台に!

 久々に競走馬オーナーとしての話題です。5月15日の競馬GⅠレース「ヴィクトリアマイル」(東京競馬場)に愛馬ディヴィーナが出走しました。実はディヴィーナの母親は2013年、4年に同レースを連覇したヴィルシーナなのです。
 今年3月にもデビューを予定していたのですが、いろいろなことが重なって5月にずれ込んでいました。レースは強豪ばかりで11着となりましたが、娘が母親の同じ舞台で走った姿に感慨深いものがありました。昨年の12月からマイル路線にしてからは、3勝と力を発揮しつつあります。ファンの方には、引き続き、応援よろしくお願い致します!

交流戦がペナントレースのカギ!

 プロ野球は5月24日からセパ交流戦が開幕します。近年、パ・リーグの力が圧倒していますが、この交流戦はペナントレースを左右する上では、かなり重要だと思っています。昨年、リーグ制覇したヤクルト、オリックスは交流戦で勝ち越しました。特にオリックスは交流戦で貯金7で優勝し、リーグ制覇へつなげました。序盤戦の大きなポイントになるでしょう。交流戦で上位に立ったチームが優勝争いしてくると思っていますので、ファンの方も注目してください。

ロッテ佐々木朗希投手完全試合!

 ロッテ佐々木朗希投手が4月10日のオリックス戦で完全試合を達成しました。13者連続三振の日本新記録、自己最速タイの164キロをマーク。記録ラッシュで本当にすごいとしかいいようがありません。彼のポテンシャルは高校時代からわかっていたので、今季、開幕前に順位予想した際から飛躍すると予言していましたが、こんな形でブレークするは驚きです。やはりスターの素材だということだと思いますね。ただ、まだ体の線が細いので、違和感が出たり、疲労が出たりしたら無理しないでほしいですね。今後の活躍も期待しています。

恒例のプロ野球順位予想!

 いよいよ3月25日からプロ野球の2022年シーズンが開幕します。春季キャンプを視察し、現有戦力や新戦力をチェックし、今季ペナントレースの順位予想をしました。セ・リーグは巨人を優勝に予想し、若手が出て、新外国人選手が活躍すれば間違いなく戦力はNo1です。対抗にはヤクルト、中日を推しました。
 またパ・リーグは投手陣が充実するソフトバンクが筆頭候補で、佐々木朗ら若手成長株の勢いが期待されるロッテ、昨年覇者のオリックスが続くと思われます。いずれにしてもチーム力は接近、熱い戦いが注目されますね。

◆セ・リーグ ◆パ・リーグ 
1巨人     1ソフトバンク
2ヤクルト   2ロッテ
3中日     3オリックス
4阪神     4西武
5DeNA    5楽天
6広島     6日本ハム

エンゼルス大谷投手が今季初登板!

 メジャーリーグのエンゼルス大谷翔平投手がオープン戦で今季初登板し、テレビ観戦しました。3回途中、3安打、1失点でしたが、内容は上々の出来だという印象でしたね。特に真っすぐには上からの角度があって、ボールの走りも良く、質のいいボールを投げていました。春季キャンプがスタートして、まだ1週間ほどですが、開幕までに体の張りが出てくると思いますが、体調を確認しながら強化していくことがポイントだと思います。試運転としては本人も手応えがあったと思います。

プロ野球、いよいよ開幕!

 プロ野球の開幕が近くなりました。沖縄ではDeNA、巨人ほか春季キャンプを視察し、新戦力含めチーム状態をチェックしてきました。今季もセ・パリーグともにチーム力は拮抗しており、混戦が予想されますが、恒例の順位予想は今後、やりたいと思います。古巣DeNAのキャンプでは久々に恩師の小谷投手コーチと再会しましたが、やはりOBとしては一番気になるチームですね。オープン戦の戦い方などチェックし、ペナントレースの予想をしていきたいと思います。

球春到来!

 プロ野球は2月1日にキャンプインしました。例年、キャンプ初日には横浜DeNAを視察していましたが、昨年から新型コロナの状況を考慮しながらという状況が続いていますね。ただ今年は日本ハムに新庄監督が就任したり、東北福祉大学の後輩となる阪神矢野監督が今季限りで勇退するという意向を発表したりと話題が豊富ですので、状況を見ながらにはなりますが、キャンプ地には足を運びたいと思っています。新型コロナの影響が続いていますが、チーム、選手はこのキャンプで開幕までいい調整をしてほしいですね。

DeNAの小谷コーチ効果に期待!

 古巣DeNAに球団OBで複数の球団で投手コーチを経験された小谷正勝氏がコーチングアドバイザーとして入閣されました。私も教え子のひとりで、小谷さんの指導のおかげげで活躍できたと感謝している指導者の方のひとりです。その名コーチが再び古巣に戻ってくるニュースに、私もワクワクしていますし、できるだけ協力できればと思っています。新型コロナの影響で春季キャンプはどうなるか分かりませんが、同コーチに会えればと楽しみにしています。

謹賀新年!

 皆さま、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます!
実は2月22日が誕生日で、現役時代の背番号も22。2の数字には縁を感じているので、2022年は良い年にできるように気持ちを新たにしました。プロ野球界を盛り上げるために少しでも貢献できるよう、今年も球場に足を運んでファンの方に楽しんでもらえる解説ができればと思っています。また趣味の釣りの方も時間がある限り楽しみたいと思いますし、仕事とプライベートとメリハリをつけて充実した時間にしたいと思いますね。新型コロナウイルスのオミクロン株が流行の兆しを見せているのは心配ですが、スポーツの力で日本を元気にしてくれるよう、今年もプロ野球界の熱い戦いに期待しています。

プロ野球の契約更改!

 プロ野球はシーズンが終了し、各選手の契約更改が行われています。先日、セ・リーグMVPを獲得したヤクルト村上宗隆選手の契約更改交渉のニュースが出ていましたが、推定で1億2000万円増の2億2000万でサインしましたね。報道によると、高卒5年目野手としては、オリックス・イチローの2億円、巨人松井秀喜の1億6000万円を上回る歴代トップの数字だそうです。近年、子供たちの野球離れがクローズアップされたりしていますが、こうやって若いスター選手が育つのは球界にとってはいいこと。来季、村上選手に続く、若手選手の成長に期待しています。