マー君の加入で楽天に注目!

 プロ野球の春季キャンプは、いよいよ実戦モードに入ってきました。今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響で視察は自粛していましたが、これからのオープン戦はテレビ観戦などでチェックしていきたいと思います。今季、注目しているのはヤンキースから楽天に復帰した田中将大投手。私も現役時代、マリナーズから横浜に復帰した経験がありますが、日本からメジャーへ行くと硬く傾斜があるマウンド、滑るボールに慣れるのに苦労しましたが、またメジャーでその環境に慣れると、日本のマウンドやボールに違和感が出てくる可能性があります。マー君が復帰1年目から、どれくらいアジャストしてくるのか。その対応力にも注目しています。

プロ野球がキャンプイン!

 いよいよ球春到来!プロ野球の春季キャンプが2月1日からスタートしました。例年、古巣DeNAのキャンプインに現地に足を運んで取材するのが恒例でしたが、今年はさすがに自粛しました。東京都などは新型コロナウイルスの緊急事態宣言が延長される可能性が高く、まだまだ猛威が続いている状況です。PCR検査を受けるなど万全の対策でキャンプに行くことも考えてはいたのですが、少し様子を見ることにしました。
 プロ野球キャンプの地元に与える経済効果は絶大です。経済を回さないといけないだろうし、だからといって感染拡大となるといけないだろうし、球団関係者やファンの方も複雑な思いだと思います。とにかく選手、チームが影響なく、開幕を迎えてくれればと思います。

プロ野球春季キャンプ!

 東京都には新型コロナウイルス禍で緊急事態宣言が出るなど全国で影響が出ていますが、2月からのプロ野球春季キャンプが気になるところです。私もテレビ解説や新聞の評論などの仕事で沖縄キャンプから始動するのが恒例でしたが、今年は少し雰囲気が違うキャンプになりそうです。事前情報ですと、野球評論家もキャンプ視察ではPCR検査を受けて、陰性証明を持参しなければいけないようです。
 個人的にもPCR検査を受けてからキャンプには行きたいと思っていました。キャンプ地の地元の方やチームの健康を守る意味でも、周囲の方の理解や協力は必要になってくると思います。一刻も早く終息を祈るばかりですが、対策を練ってキャンプが安全に開催されればと思います。

謹賀新年!

 皆さま、明けましておめでとうございます!2021年を迎え、気持ちも新たに、今年もいろいろなことに挑戦したいと思っています。ただ今年になっても気になるのが、新型コロナウイルスの影響です。昨年は野球界だけではなく、経済財界含め、いろいろなところに大きな影響が出ました。一刻も早い終息を願うばかりですが、しばらくはウイズ・コロナが続きそうな気配です。
 プロ野球界もまだ春季キャンプには影響が出るとは思いますが、スポーツの力が世の中を元気にするのは間違いないと思っています。私自身、少しでも貢献できればと思っていますし、前向きに頑張りたいと思います。今年もよろしくお願い致します。

ソフトバンクが巨人に圧勝!

 プロ野球の日本シリーズは2年連続でソフトバンクが巨人に4連勝し、4連覇を飾りました。しかも内容が巨人の完敗。この結果にソフトバンクが強いのか巨人が弱すぎるのかわからなくなりましたが、巨人ファン、セ・リーグファンには残念なシリーズとなりましたね。近年、交流戦でもそうですが、投打にパ・リーグの方が力は上のような気がしています。DH制(指名打者)とか関係なく、パの投手には速球派のパワーピッチャーが多く、打者はその投手たちに振り負けないようにスイングスピードが速い打者が多いと思っています。ただ、そこに分析、研究が加わっているから、なおさら強いのではないでしょうか。
 メジャーでも現在のパ・リーグのような野球でしたが、私の1年目には相手にかなり研究されていました。とかくパワー、スピードだけでその差を語られているようですが、プロ野球の世界、分析や研究、そしてそこからの対策などがなければ、そうそう勝負に勝てることはできないでしょう。ソフトバンクの選手たちを見ていて、打者は投手にアジャストし、投手は巨人の主力を徹底マークして簡単に打たせなかった。選手個々の能力に加え、その対策などの差も出たように思えます。
 新型コロナの影響で開幕が遅れ、どうなることかと思いましたが、何とか日本シリーズを終えることができましたね。プロ野球OBとして野球に携わる一人として、本当に良かったと思いますし、尽力していただいた関係者の方、ファンの方に感謝したいと思います。

脅威のソフトバンク!

 プロ野球のパ・リーグはソフトバンクが優勝を決めました。10月中旬には2位ロッテにゲーム差なしまで迫られていましたが、10月10日のロッテ戦からなんと12連勝で2位以下を引き離し、最後はブッチギリのVロードでした。工藤監督の掲げた残り20試合でのラストスパートに選手たちが応え、セ・リーグで独走していた巨人よりも早くリーグ優勝を決めました。この勝負勘というか勝負どころでの戦い方は、すごいというしかないですね。監督、選手たちの経験値というか、このチームの底力を感じました。これからロッテか西武とのクライマックスシリーズ、セ・リーグは巨人が優勝するでしょうから、日本シリーズに向かうわけですが、成熟したソフトバンクの日本一4連覇が注目されます。

パ・リーグが面白い!

 プロ野球は勝負の10月を迎えていますが、セ・リーグは首位巨人が独走し、いつ優勝を決めるかの状況ですが、パ・リーグはソフトバンクとロッテの優勝争いがし烈です。ロッテは主力にも新型コロナウイルス感染者が出てしまいましたが、こういうピンチの時にはチームが一致団結するもの。戦力的にはダウンでしょうが、ピンチはチャンスではないですが、意外といい結果が出たりします。ソフトバンクは百戦錬磨で、勝負どころになると力を発揮するチーム。こちらもデスパイネら故障者が出ていますが、やり繰りのリカバリーはできるので、この2チームの争いは面白いです。11月3日から最後の最後、直接対決3試合があるので、そこまで勝負がもつれれば、かなり盛り上がるでしょう。

巨人独走!

 プロ野球は後半戦で本来は優勝争いで盛り上がる時期ですが、セ・リーグに関しては巨人が独走。24日現在で2位阪神に11・5ゲーム差で、マジック28が点灯しています。2位の阪神の貯金がわずか3で、AクラスのDeNAは勝率5割です。正直、巨人を追う球団の奮起に期待したいのですが、あまりにも力の差を感じています。ここまで差が開くと、巨人を追うというよりもAクラス争いになってきますので、巨人が順調にマジックを減らしていく展開が予想されます。一方。パ・リーグはソフトバンクとロッテのマッチレースと思いきや、ここにきて3位楽天も首位ソフトバンクに5ゲーム差に迫ってきました。最後の最後までし烈な優勝争いが続くでしょう。今季はセ・パの交流戦は新型コロナウイルスの影響で中止になりましたが、やはりパの方が力があるチームが多い印象です。熱パで盛り上げて欲しいですね。

球児、名球会で待っているよ!

 先日、阪神の藤川球児投手が今季限りで現役を引退することを発表しました。私も長く経験してきましたが、彼のポジションである「守護神」の座は、精神的、肉体的にかなり消耗します。これは経験した人にしか分からないですが、本当につらく厳しいところを乗り越え、積み重ねてきた今の実績は本当に素晴らしいと思います。ここに至るまでには栄光ばかりではなく、いろいろな挫折も味わったことでしょう。これからはこの経験が、必ずいきると思います。球児の特長は、浮き上がるように見えるスピン量が多いストレート。名球会入りの日米通算250セーブまであと5セーブ。何とかあのストレートを武器に、達成できるように頑張ってほしいです。

マエケン、ナイスピッチング!

 19日のツインズ―ブルワーズ戦をテレビ観戦し、先発したツインズ前田健太投手の解説をしました。8回までノーヒッターで、9回先頭打者に中前打を許し、降板しましたが、途中、8連続奪三振の内容。私が特に評価したのが、三振以外の12アウトのうち、8個がゴロアウトだったところです。いかにボールを低目に集め、長打を浴びないように細心の注意を払って投げていたかが分かる数字ですね。ツインズに移籍し、環境も含め、うまくアジャストできるか注目していましたが、ここまではいい方向に向いているようです。先発ローテとして周囲の期待も高まるでしょう。次回登板も楽しみです。