来年も「絆」

 もう2011年もあとわずかになりました。今年は3月11日の東日本大震災という一生忘れられない出来事がありました。私の地元宮城も大きな被害を受け、家族も被災しました。これまでの人生のほとんどを野球へ打ち込んできましたが、今年ほど「自分に何ができるのか」を考えたことはなかったです。被災地へ何度も足を運びましたが、東北人の粘り強さを感じる一方で、すべてを失った悲しさが消えることはないでしょう。多くの人たちが支援し、人と人との「絆」の大切さを感じました。来年もこの「絆」の思いを持ち続け、できる限りの復興支援を続けていきたいと思っています。