ご挨拶

 3月28日、母信子(享年69)が病気のため他界しました。31日に通夜、4月1日に葬儀をとり行うことができました。関係者のみなさまには、過分なるご弔意、ご供花、ご供物を賜わり、母もさぞかし感謝していることと思います。葬儀ではご多忙のところ、ご会葬、ご焼香賜わりまして、まことにありがとうございました。
 これまで母にはいろいろと心配をかけ、親不孝の連続でしたが、夢のプロ野球、メジャーリーグでプレーでき、今日があるのは、人よりも丈夫な体に産んでくれた両親のおかげだと感謝しています。
 言葉では表現できないくらい寂しく悲しいですが、これからは天国から父と母が私の子供を含めて見守ってくれると信じています。
 母にかわりまして、みなさまのご厚情にお礼申し上げます。ありがとうございました。