ご冥福をお祈りいたします

 父親のように慕っていた横浜南共済病院の名誉顧問だった山田勝久先生が先日、お亡くなりになられました。先生には右ヒジの手術をはじめ、公私ともにすごくお世話になりました。亡くなられる前、何度か病院にお見舞いに行きましたが、「監督する姿が見たかった」が口癖でした。先生がいなければ、もっと早く現役を引退していたと思います。私の野球人生で欠かすことのできない人でした。とにかく感謝、感謝の言葉しかありません。ゆっくり眠ってください。合掌

阪神藤浪投手もすごい!

 プロ野球の春季キャンプを回っています。先日、阪神のドラフト1位ルーキー藤浪晋太郎投手を見ましたが、さすが甲子園で春夏連覇した投手という印象でしたね。まだ立ち投げでしたが、ボールがズドンとくる感じで迫力がありました。やっぱり高校生には簡単に打てないだろうなというボールを投げていました。日本ハム大谷選手と藤浪投手は、高校生ルーキーではすべてにおいてズバ抜けています。ビッグな2人、とにかくケガをしないでほしいですね。

日本ハム大谷選手を分析

 日本ハムの注目ルーキー、大谷翔平選手のブルペン投球を視察しました。この時期で正直な感想を言えば、上半身は規格外の力があって、下半身はプロの一流レベルを考えれば、まだまだというところですね。投手で育成していくのなら、もっと下半身を強化した上で、下が使えるフォームへ修正していく必要がありますね。ただ、最近の新人で、これほど大物感を漂わす選手を見たのは久々。マウンドでの雰囲気、手足が長く、立ち姿が美しい。いうまでもなく、将来性を感じました。投手か打者か、判断するのは早いと思います。欠点を克服した数だけの成長がある思うので、本当に楽しみな選手です。