日本3連覇のカギは投手陣

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表が2次ラウンドを1位で通過しました。世界一3連覇へ第1関門突破といったところですが、今回の1、2次ラウンドを観戦して感じたことは、やはり日本投手陣の層の厚さですね。各国ともエース級はいますが、試合が続くと2番手、3番手の投手レベルが落ちてきます。準決勝では強豪との対戦が予想されますが、個人的にはドミニカ共和国との対決を見たいと思っています。ドミニカの主力のほとんどはメジャーのトップクラス。日本が誇る最強投手陣と、ヤンキースの主砲カノらを擁する強力打線の対決が実現すれば、おもしろいですね。