伝統の一戦

 16日の阪神―巨人(甲子園)の「伝統の一戦」を取材してきました。阪神先発能見、巨人先発の杉内ともに好調ではありませんでしたが、6回途中で交代させた巨人に対し、阪神は能見を6回まで引っ張り痛い失点を喫してしまいました。わずかな差ですが、この継投は、結果的にリリーフ陣の差が出たように感じました。それでも甲子園は大盛り上がり。やっぱり伝統の一戦が首位決戦だと、盛り上がり方も違いますね。