中4日登板で真価が問われるマー君

 ヤンキース田中投手は19日のレイズ戦で7回無失点と好投し、復調をアピールしました。私が前回指摘していましたが、直球とスライダーを主体にしたことで、本来のスタイルが戻ってきたと思っています。ただ、現実問題として、右ヒジに不安があるのは確かで、私はその不安を一掃するのは次回登板の内容だと思います。
 ヤンキースは31日間で30試合という過密スケジュールの中で、田中は次回中4日で24日のタイガース戦に先発する予定です。昨年は中4日登板で4勝2敗だったそうですが、この登板で完全に周囲の雑音を封じることができるのか。注目マウンドになります。