交流戦はソフトバンクが優勝!

 セ・パ交流戦はソフトバンクが3年連続で優勝しました。主砲内川、デスパイネが故障で離脱。投手陣も和田、武田、千賀と主力が続々と故障で離脱していきましたが、それを感じさせない戦いで広島と同率で並びましたが、直接対決の結果で頂点に立ちました。これだけの故障者が出ては、普通はチーム状態は落ちていきますが、それを埋める戦力があったとはいえ、選手が危機感で一丸となり、若手投手、野手を起用した首脳陣の采配も光ったと思います。パ・リーグは楽天、ソフトバンク、西武の3強の様相で、優勝争いは激しくなりそうです。