ソフトバンクが日本一!

 プロ野球はソフトバンクの日本一で幕を閉じました。DeNAが3連敗の後、地元横浜スタジアムで2連勝し、一方的な展開から巻き返して盛り上がりました。テレビ、ラジオの解説で現場に行ったのですが、さすがに両チームとも地元での声援はすごかったですね。結果的にはソフトバンクが優勝を決めた第6戦で守護神・サファテが今季初の3イニングを無失点に抑え貢献したのに対し、DeNAは守護神・山崎康が1点リードを守りきれませんでした。ポイントに挙げていた抑えの差が出てしまった結果でしたが、これはあくまで結果論。山崎康はこれを糧に来季、さらに成長してくれると思っています。それにしてもソフトバンクは「育てながら勝つ」という難しいテーマに挑戦し、日本一に輝いたのですから敬意を表します。