大谷投手の次回は大丈夫!

 エンゼルス大谷翔平投手が25日のアストロズ戦に先発し今季3勝目はお預けとなりましたが、最速101マイル(約163キロ)をマークしました。前回、右手のマメの影響で降板したのでその影響がないか注目していたが、今回までの1週間で投げ込んでいなかったのか、微妙なコントロールがなかった。5回には先頭打者に四球を与え、後続に2ランを浴びたのは反省点。それでも速球は160キロを超え威力があったので、次回からはきっちり微調整できれば大丈夫だと見ています。

愛馬シュヴァルが天皇賞へ!

 4月29日、京都競馬場で開催される競馬のGⅠレース「天皇賞」へ愛馬シュヴァルグランが出走する予定です。騎手は昨年のJC(ジャパンカップ)を制したボウマン騎手にお願いし、調整も順調に進んでいます。ほかに参戦してくる馬も強敵ばかりで僅差の対決になると思いますが、ケガをしないで無事に走ってくれればと思っています。シュヴァルはJCで勝利し、年末の有馬記念も3着と好成績を残しました。今年も昨年以上の走りを期待していますし、ファンの方の期待に応えてほしいと思っています。応援、よろしくお願いします!

エンゼルス大谷投手が初勝利!

 エンゼルス大谷翔平投手のメジャー初登板をテレビ観戦しました。アスレチックス相手に結果は6回3安打3失点で、メジャー初勝利。本当に良かったですね。オープン戦の結果を見る限りは、本調子ではなかったようですが、この試合では速球が160㌔も出ていたし、勝ち星がついたことで自信もついたと思います。何より打者との「二刀流」でデビューしたことの意味は大きいし、その価値もすごく大きいと思っています。そんな歓喜の中で、少し気になったのはスプリットを多めになげていた点です。さすがにメジャーの打者を抑えるには効果的なボールですが、ヒジ、肩への負担も大きくなります。今後、疲労も含めて大谷投手には故障だけには気をつけてほしいですね。