セ・パともに激戦!

 プロ野球は例年になく混戦でおもしろい展開になっています。特にパ・リーグの優勝争いはし烈です。最下位の楽天は離れた状況ですが、首位西武から日本ハム、ソフトバンク、ロッテ、オリックスはどの球団も優勝が狙える状況です。優勝候補だったソフトバンクに守護神サファテ、中継ぎエースの岩崎、先発の柱だった東浜ら故障者が続出。いくら戦力があるといっても、これだけの主力を欠いたら厳しい状態ですね。セ・リーグの方も首位広島から全球団にチャンスがある状況です。両リーグがこんなダンゴレースになっている1つの大きな要因は、ソフトBが象徴しているように、投手陣で決め手となる抑え投手不在のチームが多いところだと見ています。各球団、絶対的な抑えがいない影響が先発陣の不振だったり、終盤戦で逆転されたり、不安定な戦いになっているのだと思います。しっかりした守護神が出てきたり、復調してきたチームが優勝に近くなると見ています。