プロ野球に珍現象!

 プロ野球も後半戦に入り、混戦から広島、西武が抜け出した感があります。特筆すべきは西武の打力でしょう。ここまでチーム防御率4・36はリーグ最下位の数字ながら、2位日本ハムに6ゲーム差の独走状態。近代野球では先発、中継ぎ、抑えの投手陣がしっかりしたチームが優勝する傾向にありましたが、チーム打率2割7分4厘、101盗塁(すべて15日現在)の攻撃野球で貯金22としています。野球の「常識」を覆す展開で、このまま突っ走れば防御率最下位で優勝という珍しいケースになる可能性がありますね。一方、セ・リーグは首位の広島が貯金20で、2位ヤクルトは借金2という、こちらも珍しい展開。最後にAクラスが借金では、あまりに寂しいペナントレースになるので奮起を期待しています。