交流戦はソフトバンクがV!

 プロ野球のセ・パ交流戦はソフトバンクが18試合で11勝5敗2分けで優勝を飾りました。柳田、中村晃選手ら主力が故障で離脱しているにもかかわらず、巨人との優勝がかかった最終3連戦で2勝1敗と勝ち越し、見事に栄冠を手にしました。やはりソフトバンクは短期決戦の戦い方がうまく、先発から中継ぎ抑えと投手力で巨人の強力打線を抑えました。現代野球ではリリーフ陣が勝敗を左右する要素が大きく、守護神・森投手が故障でいませんでしたが、それをカバーする投手層でした。
 セでは巨人が3位になりましたが、DeNAも10勝7敗、貯金3で4位と健闘しました。開幕前から期待していましたが、ペナントレースでは出遅れ。交流戦で巻き返すか注目していましたが、何とか流れを変えたと見ています。28日からリーグ戦が再開しますが、セパとも例年より優勝争いはし烈になると思っています。

プロ野球の交流戦

 プロ野球の交流戦が終盤戦となりました。現状ではやはりパ・リーグの方が優勢という印象ですが、6月18日(火)からの6連戦はセ・リーグ本拠地の試合で、DH(指名打者)制がないため、セ・リーグの巻き返しも期待できます。そのセ・リーグの中で対称的なのが巨人と広島。巨人は交流戦で2位につけ、一方の広島は最下位です。17日現在でセ・リーグ首位の広島と巨人の差は0・5に接近し、一時期、広島が独走気配を見せていましたが、混戦の様相です。パ・リーグの方はソフトバンクが相変わらず交流戦での強さを発揮していますが、日本ハム、楽天も好調でこちらも混戦模様です。明日からの終盤戦で差が開くか、最後の戦いに注目しています。