巨人VS阪神、西武VSソフトB

 プロ野球はセ・パともにクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが終了しました。セは阪神、パはソフトバンクが勝ち上がり、CSファイナルへ進出しました。横浜スタジアムでのDeNAと阪神戦には解説の仕事で3連投(笑い)しましたが、なかなか白熱した面白い試合で、ファンの方も楽しんだと思います。東北福祉大時代の後輩となる阪神矢野監督の采配は、お見事でした。大学時代から私生活やリード面で1つ筋の通ったところがありましたが、積極的なタクトが好結果を生んだと思います。一方、DeNAは第1戦で大量リードを守れず星を落としたのが痛かった。投手継投は難しいですが、ラミレス監督の采配が裏目に出たのとは対称的でしたね。
 またパはソフトバンクが2勝1敗で逆転勝ち。初戦を落とすとデータ的にはほぼ進出は厳しい状況でしたが、そんな数字も吹き飛ばしての勝利。ソフトB工藤監督がベテラン松田を先発から外す大胆な采配で勝利に結び付けましたが、一方、楽天は第3戦の勝ち越しの好機でことごとく代打策が失敗に終わったのが痛かったと思います。
 短期決戦では監督の采配は重要だということが如実に出ましたが、CSファイナルも引き続き選手の調子を見極めるベンチワークが勝敗を左右するでしょう。日本シリーズ進出をかけた戦いに注目しています。