ソフトバンクが圧勝、日本一!

 プロ野球の日本シリーズはソフトバンクが巨人に4連勝、3年連続の日本一に輝きました。正直、スイープは予想していませんでしたが、ソフトバンクはクライマックスシリーズからの勢いそのまま日本シリーズも戦った印象でした。一方、巨人は打線の低調もありましたが、守りでの失策、走塁ミスが目立ちました。やっぱり基本的なところでミスを犯すと、ズルズルいってしまう短期決戦の怖さが出たと思います。この結果を踏まえ、戦力差を指摘されていますが、今の日本球界でパ・リーグとセ・リーグの差は、選手の育成にどれだけ注力しているかの点だと思っています。大金を投じてFA、外国人選手を獲得するのは球団努力なので否定はしませんが、ソフトバンクはエース千賀、甲斐、牧原といった中心選手が育成出身。また中継ぎエースに成長した甲斐野、高橋純らは新戦力。球団としてのビジョンが明確にされ、それにそってシステム化された育成の勝利だったように思います。セ・リーグも負けじと、来季は日本一奪回に期待しています。