愛馬ラストラン!

 2019年12月22(日)、競馬界のグランプリレース「有馬記念」に所有馬のシュヴァルグランが最後の出走をいたします。シュヴァルについては、実は昨年末に引退も考えていたけど、友道調教師ら関係者のアドバイスもあって、ここまできました。7歳になりますけど、まだまだ体は若くて、精神的には落ち着いてきた感じ。もうこれで競馬場で走るのが最後だと思うと、本当にジーンときますね。シュヴァルには最高峰のレースで有終の美を飾ってもらいたいし、個人的には競馬の師匠、アドマイヤの総帥である近藤オーナーが先月にお亡くなりになったので、手向けの勝利を送りたいと思っています。感慨深いレースになると思っています。ファンの方々の応援もよろしくお願い致します。