シュヴァルグランの夢は続く!

 愛馬シュヴァルグランが12月22日の「有馬記念」(GⅠ、中山競馬場)でラストランを飾りました。最後の引退レースで14番人気ながら6着と意地を見せてくれ、無事に走り終えたことが何よりです。2012年4月14日生まれの7歳。2017年のジャパンカップを制するなど7勝を挙げてくれ、海外のレースにも連れて行ってくれました。数え切れない思い出、本当にありがとう!これで現役生活は終えますが、今後は北海道日高町のブリターズスタリオンステーションで種牡馬となります。近い将来、彼の子供たちがターフを駆け抜け、父親のような雄姿を見せてくれると期待しています。これまで応援して下さったファンの方々にもお礼申し上げます。シュヴァルの夢は続くと思っています。