マエケン、ナイスピッチング!

 19日のツインズ―ブルワーズ戦をテレビ観戦し、先発したツインズ前田健太投手の解説をしました。8回までノーヒッターで、9回先頭打者に中前打を許し、降板しましたが、途中、8連続奪三振の内容。私が特に評価したのが、三振以外の12アウトのうち、8個がゴロアウトだったところです。いかにボールを低目に集め、長打を浴びないように細心の注意を払って投げていたかが分かる数字ですね。ツインズに移籍し、環境も含め、うまくアジャストできるか注目していましたが、ここまではいい方向に向いているようです。先発ローテとして周囲の期待も高まるでしょう。次回登板も楽しみです。