巨人独走!

 プロ野球は後半戦で本来は優勝争いで盛り上がる時期ですが、セ・リーグに関しては巨人が独走。24日現在で2位阪神に11・5ゲーム差で、マジック28が点灯しています。2位の阪神の貯金がわずか3で、AクラスのDeNAは勝率5割です。正直、巨人を追う球団の奮起に期待したいのですが、あまりにも力の差を感じています。ここまで差が開くと、巨人を追うというよりもAクラス争いになってきますので、巨人が順調にマジックを減らしていく展開が予想されます。一方。パ・リーグはソフトバンクとロッテのマッチレースと思いきや、ここにきて3位楽天も首位ソフトバンクに5ゲーム差に迫ってきました。最後の最後までし烈な優勝争いが続くでしょう。今季はセ・パの交流戦は新型コロナウイルスの影響で中止になりましたが、やはりパの方が力があるチームが多い印象です。熱パで盛り上げて欲しいですね。

球児、名球会で待っているよ!

 先日、阪神の藤川球児投手が今季限りで現役を引退することを発表しました。私も長く経験してきましたが、彼のポジションである「守護神」の座は、精神的、肉体的にかなり消耗します。これは経験した人にしか分からないですが、本当につらく厳しいところを乗り越え、積み重ねてきた今の実績は本当に素晴らしいと思います。ここに至るまでには栄光ばかりではなく、いろいろな挫折も味わったことでしょう。これからはこの経験が、必ずいきると思います。球児の特長は、浮き上がるように見えるスピン量が多いストレート。名球会入りの日米通算250セーブまであと5セーブ。何とかあのストレートを武器に、達成できるように頑張ってほしいです。