脅威のソフトバンク!

 プロ野球のパ・リーグはソフトバンクが優勝を決めました。10月中旬には2位ロッテにゲーム差なしまで迫られていましたが、10月10日のロッテ戦からなんと12連勝で2位以下を引き離し、最後はブッチギリのVロードでした。工藤監督の掲げた残り20試合でのラストスパートに選手たちが応え、セ・リーグで独走していた巨人よりも早くリーグ優勝を決めました。この勝負勘というか勝負どころでの戦い方は、すごいというしかないですね。監督、選手たちの経験値というか、このチームの底力を感じました。これからロッテか西武とのクライマックスシリーズ、セ・リーグは巨人が優勝するでしょうから、日本シリーズに向かうわけですが、成熟したソフトバンクの日本一4連覇が注目されます。

パ・リーグが面白い!

 プロ野球は勝負の10月を迎えていますが、セ・リーグは首位巨人が独走し、いつ優勝を決めるかの状況ですが、パ・リーグはソフトバンクとロッテの優勝争いがし烈です。ロッテは主力にも新型コロナウイルス感染者が出てしまいましたが、こういうピンチの時にはチームが一致団結するもの。戦力的にはダウンでしょうが、ピンチはチャンスではないですが、意外といい結果が出たりします。ソフトバンクは百戦錬磨で、勝負どころになると力を発揮するチーム。こちらもデスパイネら故障者が出ていますが、やり繰りのリカバリーはできるので、この2チームの争いは面白いです。11月3日から最後の最後、直接対決3試合があるので、そこまで勝負がもつれれば、かなり盛り上がるでしょう。