プロ野球が開幕、順位予想!

 2021年、プロ野球が開幕しました。新型コロナ禍が続く中ですが、プロ野球で世の中を元気に盛り上げてもらいたいです。今年も恒例の順位予想をしましたが、今季もセ・パリーグともに混戦模様です。セ・リーグは巨人を優勝と予想しましたが、2位に予想した阪神に大注目。リリーフ陣が充実し、投打にバランス良く、あくまで藤浪投手の2ケタ勝利の復活が条件ですが、優勝の力は持っていると思います。パ・リーグは田中将大投手が復帰した楽天が優勝候補の筆頭。ソフトバンクとの力の差はないと思いますが、東日本大震災から10年ですから、何か見えない力にも期待しています。ファン方の予想はどうでしょうか。以下、順位予想ですので、どうか参考にしてください。
◆セ・リーグ ◆パ・リーグ 
1巨人     1楽天
2阪神     2ソフトバンク
3広島     3西武
4DeNA    4ロッテ
5中日     5日本ハム
6ヤクルト   6オリックス

楽天田中マー君、大丈夫!

 プロ野球のオープン戦が本格化しています。3月6日の中日―楽天戦(バンテリンドーム)で楽天田中投手の日本復帰後、3度目の登板に注目しました。結果は4回を投げ、被安打3の2失点でしたが、内容を見る限りでは、順調に調整できている印象でした。特に注目したのは投球の際に踏み込んでいく左足です。初登板だったキャンプ地(沖縄)での登板ではマウンドがやわらかく、バランスを崩す場面がありましたが、今回は解消され、フォームも安定していました。
 この時期、マー君クラスの投手は結果ではなく、自らのテーマにそった投球ができたか、その感触がどうだったかが重要です。メジャー経験で培った調整法でいえば、ブルペンで投げ込むのではなく、実戦で微調整していくはずです。次回登板あたりから、シーズン仕様で、しっかり結果も出してくれると思っています。