セ・パリーグ戦再開!

 プロ野球はセパ交流戦が終了し、リーグ戦が再開しました。注目しているのは交流戦で優勝を飾ったオリックスです。再開後、首位の楽天戦で雨天中止1試合を挟んで2連勝して首位に立ちました。侍ジャパンに入った山本由投手や若手の宮城投手ら先発陣が充実しており、快進撃を続けています。セは阪神が独走気配ですが、巨人、ヤクルトの巻き返しに注目しています。奮起を期待しているのは古巣DeNAです。ある意味、DeNAとの戦いが優勝を争うチームにはカギとなりそうで、三浦新監督のもと、リーグ戦を盛り上げてほしいと思います。

プロ野球の交流戦はセ・リーグ勝ち越し!

 プロ野球のセ・パリーグ交流戦は、6月16日の1試合を残し、セが49勝47敗11分けとして、2009年以来、12年ぶり2度目の勝ち越しを決めました。これまでパが圧倒してきましたが、今季は様相が違いましたね。オリックスが優勝したものの、2位阪神、3位DeNA、4位中日、5位ヤクルトと躍進。特にセで現在4位の中日と最下位のDeNAの活躍が光りましたね。一方、パは過去8回の優勝を誇るソフトバンクが5勝9敗4分けと負け越し、首位の楽天も6位で最後の阪神戦では痛恨の3連敗を喫しています。18日からペナントレースが再開しますが、セは阪神がこのまま独走するのか、パは混戦が続くのか、注目の戦いが始まります。