エンゼルス大谷が日米通算50勝!

 エンゼルス大谷翔平投手がレッドソックス戦に先発し、7回を2失点に抑え、今季4勝目を挙げて節目の記録を達成しました。この試合、テレビ観戦で大谷投手の投球をチェックしましたが、今季、一番というほどの投げ方で、いい具合に体の力が抜け、ゆったりとしたフォームが良かったですね。力感なく投げるのが本来の姿で、最速98・5マイル(約158・5キロ)をマークし、コンスタントに150キロ台の速球が投げられていましたね。この試合のような投球を続けていけば、勝ち星もついてくるはずです。今後も投打に注目していきましょう。