プロ野球の契約更改!

 プロ野球はシーズンが終了し、各選手の契約更改が行われています。先日、セ・リーグMVPを獲得したヤクルト村上宗隆選手の契約更改交渉のニュースが出ていましたが、推定で1億2000万円増の2億2000万でサインしましたね。報道によると、高卒5年目野手としては、オリックス・イチローの2億円、巨人松井秀喜の1億6000万円を上回る歴代トップの数字だそうです。近年、子供たちの野球離れがクローズアップされたりしていますが、こうやって若いスター選手が育つのは球界にとってはいいこと。来季、村上選手に続く、若手選手の成長に期待しています。

ヤクルトが日本一!

 ヤクルト―オリックスの日本シリーズはヤクルトが4勝2敗で破り、日本一を飾りました。近年、パ・リーグ、特にソフトバンクの強さが際立っていたので、2012年の巨人以来のセ・リーグ球団の日本一は価値があると思います。それにしても勝敗で差はつきましたが、実力は紙一重だったと思います。ヤクルトは山田、村上の主軸がチームの精神的支柱としてどっしり構え、投手陣では日本シリーズでも活躍した奥川ら若手が台頭し、本当に素晴らしいチームになりました。球界のスターへと成長している村上、また奥川にしても高卒1年目は2軍で徹底的に鍛えるなど、球団の育成プランがしっかり実を結んでいると思います。新型コロナも落ち着きあり、日本シリーズではファンの方が球場で喜んでいる姿が印象的でした。2022年シーズンもすぐにやってきます。また来年も球界が盛り上がるよう、球界OBとして少しでも貢献できればと思っています。