ヤクルトが独走!

 プロ野球のセ・リーグは首位ヤクルトが2位巨人に11ゲーム差をつけて独走状態になりました。開幕から76試合目、巨人の自力Vが6月に消滅したのは、2003年以来2度目のことだそうです。2位巨人、3位広島、4位阪神とAクラス争いは熾烈ですが、このままではペナントレースの優勝争いがおもしくなくなりますね。他チームの奮起を期待したいところです。一方、パリーグは優勝争いが激しく、これから正念場の夏場へ向けて目が離せません。どのチームにもチャンスがある状況で、最後まで熱い戦いが続きそうです。