大谷選手が偉業達成!

 エンゼルス大谷翔平投手が10日のアスレチックス戦で先発し、6回4安打、無失点の好投で今季10勝目を挙げました。これで1918年のベーブ・ルース以来となる「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」の偉業を達成しました。日本球界、またメジャーでプレーした先輩としても本当に誇りに思います。
 まさに「二刀流」の真骨頂を発揮した試合でした。7回には打者としてイチロー選手(マリナーズ)を超えるメジャ-通算118本塁打で自ら援護、花を添える形にしたのも大谷選手らしかったですね。4度目の挑戦でついに記録に達しましたが、米国内、日本国内でも注目され、かなりのプレッシャーがあったのではないかと想像します。まだ投手としても伸びしろがあり、打者としてもコンスタントに数字は残していくでしょう。すでに怪物の活躍ですが、ベーブ・ルースを超え、どこまで進化していくのか楽しみです。

偉業は再び持ち越し!

 エンゼルス大谷翔平投手が4日のアスレチックス戦に先発しましたが、5回途中3失点で降板し、王手をかけている10勝目、1918年のベーブ・ルース以来となる「2ケタ勝利、2ケタ本塁打」の偉業はお預けとなりました。この試合テレビ観戦しましたが、敗因の1つは得意のスライダーを多投しすぎたのではないかという印象でした。大谷投手のスライダーは切れ味があって、わかってても打てないケースもありますが、さすがに打線が2巡目あたりになると目が慣れてくるので、目先を変えていく配球が必要だったと思います。また今年初めて中5日が2試合続き、疲労も気になるところですが、次はやってくれると期待しています。